新軽井沢のおすすめレストラン

トップページ 楽しみ方 観光 食事 温泉 体験 買い物 スポーツ ハイキング
北軽井沢の代表的なレストラン


新軽井沢のお薦めレストラン
旧軽井沢のお薦めレストラン
アウトレットののお薦めレストラン
南軽井沢のお薦めレストラン
中軽井沢のお薦めレストラン
北軽井沢のお薦めレストラン
軽井沢グルメ情報

新軽井沢のおすすめレストラン

 新軽井沢とは、軽井沢駅周辺のことです。新軽井沢のピーク時は大変混雑します。そして一般的に言ってランチと夜の価格差が大きいのが特徴となっています。旧軽銀座に比較すれば、ファミリー向けの店を見つけやすいでしょう。

腸詰屋 軽井沢一号店
住所 軽井沢町軽井沢東19−5
電話 0267-42-3791 
営業時間 10:00〜18:00
定休日 水曜日
駐車場 なし
メニュー ソーセージを基本とした料理
お値段 1000円ぐらい
雰囲気 ファミリーでも大丈夫 店内でビール軽食とともに食べられる。
HP なし

 今回の紹介は、軽井沢にある手作りハム・ソーセージのお店です。「腸詰屋」という名前に一瞬ギョッとしますが、とてもおいしいと評判のお店です。 場所は、軽井沢駅から旧軽井沢へ北に向かう道路上、東側にあり、赤いひさしとドイツの国旗が目にとまります。手作りソーセージの体験教室もあるそうです。腸詰屋の内装

 中に入ってみると、ソーセージやハムが天井や柱にぶらさがっていて、ドイツのお店ってこんな感じなのかな〜と想像させる楽しい飾りつけでした。雰囲気に誘われて、私もおみやげに買って帰りました。ブルーベリーに帰ってボイルして食べましたが、とてもジューシーで、ほくほく美味しく、噂どおり皆に大好評でした。原料のお肉は健康な清浄豚を使い、ドイツの伝統的な製法による手作りだそうです。
 ここではレストランコーナーもあるので、その場で手作りの美味しさをいただけます。ソーセージサンド(350円〜)などのテイクアウトもできるので、夏などの軽井沢が混雑する季節はいいですね。
アトリエ・ド・フロマージュ
住所 軽井沢町東22−1
電話 0267-42-0601
営業時間 10:00〜20:00(ラストオーダー)
定休日 木曜
駐車場 なし
メニュー 手作りチーズとチーズケーキ
お値段 焼きチーズカレー 1050円
雰囲気 ファミリーでも大丈夫
HP http://www.a-fromage.co.jp/access.htm

 手作りチーズとチーズケーキがおいしいお店。軽井沢駅前から徒歩5分ほどで、おみやげ用のチーズを買うことができるショップと、パリパリの薄皮ピザや、チーズフォンデュが食べられるカフェ・レストランがあります。
 また、日本で初めて「生チーズ」が作り出されたのもここだそうです。手作りチーズで作ったチーズケーキは、10種類ほどあって、どれにしようか迷ってしまいます。口の中でふわーっとチーズがとろけるような、極上の味です。

旦念亭(たんねんてい)
住所 軽井沢町軽井沢東4-2 (18号ぞい 駅近く)
電話 0267-42-5616
営業時間 10:00〜18:30(8月は9:00〜19:00)
定休日 火曜(祝日の場合は営業、8月は無休)
駐車場 5台くらい
メニュー カフェ 水出しアイスコーヒーが有名
お値段 アイスコーヒー 650円 自家製チョコレートケーキ650円
雰囲気 ファミリーでも大丈夫 店内30席、テラス50席

 『旦念亭』のコーヒーのどこが違うのかと言いますと、このコーヒーは、水出しコーヒーなんです。水出しコーヒーとは、深炒りのコーヒー粉をセットした上に水のタンクを置いて、まんべんなく一定のリズムで一滴一滴まるで点滴のように水を落とし、コーヒーのエキスを抽出してつくるコーヒーです。
 一秒に一滴つづ水を落としてゆくので、なんと8〜10時間の時間をかけて抽出するんですね。そのために通常のコーヒーと違って香りが逃げませんし、コーヒー豆の成分の全てのエキスを出しきるために、苦みよりも、コーヒー本来が持っているうまみが味わえます。極端に甘さを抑えたビターチョコレートのような甘さを味わえます。つまり『究極のコーヒー』なんですね。
ミネルバ茶房
住所 軽井沢町離山2009 (18号沿い 軽井沢高校の西側)
電話 0267-42-5981
営業時間 11:00〜21:00(8月は10:30〜22:00)
定休日 木曜(祝日の場合は営業、7月下旬〜9月上旬は無休)
駐車場 広い駐車場があり
メニュー カフェとランチ
お値段 スモークドベーコンとトマトクリームチーズソースの生パスタ 940円
雰囲気 座席数66で、カップルでもファミリーでも大丈夫
HP http://www9.ocn.ne.jp/~mineruba/home.htm


 軽井沢でも老舗の喫茶店になる『ミネルバ茶房』は、写真でもわかるように、味わい深いレトロな建物です。蔦の絡まる洋館という感じですが、実は木造建築であり、中に入ると木と白壁の作りになっています。こういう造作を『おしゃれ』と表現しては失礼でしょう。ミネルバ茶房は、そういううわついた喫茶店ではありません。オシャレというより、むしろ軽井沢の風格を感じるというか、軽井沢の歴史を体現しているといった方がいいかもしれません。
軽井沢から志賀高原まで、北軽井沢を中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢スノーシュー北軽井沢物語軽井沢グルメガイド北軽井沢のユースホステルサイトマップリンク
軽井沢観光ガイド草津温泉六合村観光川原湯温泉御代田観光小諸市観光東御市観光上田観光