軽井沢周辺の名所旧跡
道の駅草津ベルツ記念館

トップページ 楽しみ方 観光 食事 温泉 体験 買い物 スポーツ ハイキング
■博物館・美術家館
室生犀星記念館
ショーハウス記念館
脇田美術館
旧軽井沢森ノ美術館
旧三笠ホテル
歴史民俗資料館
市村記念館
(旧)軽井沢駅舎記念館
セゾン現代美術館
田崎美術館
内村鑑三資料展示室
軽井沢タリアセン
軽井沢高原文庫
ペイネ美術館
深沢紅子野の花美術館
軽井沢型絵染美術館
軽井沢絵本の森美術館
エルツおもちゃ博物館
南が丘美術館(三五荘資料館)
ルヴァン美術館
小さな美術館 軽井沢草花館
軽井沢オリンピック記念館
軽井沢町立植物園
鬼押出し園
浅間火山博物館
嬬恋郷土資料館
嬬恋村創作実習館
軽井沢おもちゃ王国
軽井沢白樺高原教会
追分宿郷土館
堀辰雄文学記念館
メルシャン軽井沢美術館
縄文ミュージアム
道の駅草津高山植物資料館
道の駅草津ベルツ記念館
熱の湯
草津ガラス蔵
草津片岡鶴太郎美術館
草津町温泉資料館
草津熱帯園
草津ビジターセンター
浅間連峰自然観察センター
やんば館

■一般観光施設
■その他名所
■農園・牧場

道の駅草津ベルツ記念館

草津温泉と明治11年に草津に訪れ良質な温泉と自然資源を世界に広めたベルツ博士の歴史や生誕地なども合わせて海外4つの姉妹都市についても紹介してあり 歴史を物語る貴重な写真や絵などが展示され一階にはその4つ姉妹都市の珍しい工芸品、主にグラスが販売されています。


■エルヴィン・フォン・ベルツ(Erwin von Balz, 1849年1月13日 - 1913年8月31日)
 ドイツの医師で、お雇い外国人として日本に招かれ、27年にわたって医学を教え、医学界の発展に尽くした。また、草津・箱根を湯泉治療地として開発した。1905年には旭日大綬章を受賞。 草津温泉を再発見、世界に紹介した人物でもある。1878年頃より草津温泉を訪れるようになり、「草津には無比の温泉以外に、日本で最上の山の空気と、全く理想的な飲料水がある。 もしこんな土地がヨーロッパにあったとしたら、カルロヴィ・ヴァリ(チェコにある温泉)よりも賑わうことだろう」と評価する。


1849年、南ドイツのビーティヒ・ハイムで生まれる。
1866年、チュービンゲン大学医学部に入学、1869年にライプツィヒ大学に転学、ウンダーリヒ教授の下で内科を修める。
1870年、軍医として普仏戦争に従軍。
1875年、ライプチヒ大学病院に入院中の日本人留学生相良玄貞をたまたま治療することになり、日本との縁が生まれる。
1876年、お雇い外国人として東京医学校(現在の東京大学医学部)の教師に招かれる。
1881年、東海道御油宿戸田屋のハナコと結婚。
1890年、草津に約6000坪の土地と温泉を購入、温泉保養地づくりをめざす。
1896年、草津の時間湯を研究した論文『熱水浴療論』が『ドイツ内科学書』に収蔵される。
1902年、東京大学退官、宮内省侍医を勤める。
1905年、夫人とともにドイツへ帰国。熱帯医学会会長、人類学会東洋部長などを務める。
1913年、シュトゥットガルトにて死去(64歳没)。
日記を残しており、大日本帝国憲法制定時(1889年)の様子を「お祭り騒ぎだが、誰も憲法の内容を知らない」(趣旨)と描くなど、冷静な観察を行っている。

2000年、草津町では、町制施行100周年を記念して、ベルツ記念館を開設。
ベルツ博士は大変な健脚で噴火直後の草津白根山にも登頂したことがあり、その際の手記は現在でも貴重な火山学的資料になっている。

軽井沢から志賀高原まで、北軽井沢を中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢スノーシュー北軽井沢物語軽井沢グルメガイドサイトマップリンク
軽井沢観光草津温泉六合村観光川原湯温泉御代田観光小諸市観光東御市観光上田観光