軽井沢周辺の名所旧跡
軽井沢駅舎記念館

トップページ 楽しみ方 観光 食事 温泉 体験 買い物 スポーツ ハイキング
■博物館・美術家館
室生犀星記念館
ショーハウス記念館
脇田美術館
旧軽井沢森ノ美術館
旧三笠ホテル
歴史民俗資料館
市村記念館
(旧)軽井沢駅舎記念館
セゾン現代美術館
田崎美術館
内村鑑三資料展示室
軽井沢タリアセン
軽井沢高原文庫
ペイネ美術館
深沢紅子野の花美術館
軽井沢型絵染美術館
軽井沢絵本の森美術館
エルツおもちゃ博物館
南が丘美術館(三五荘資料館)
ルヴァン美術館
小さな美術館 軽井沢草花館
軽井沢オリンピック記念館
軽井沢町立植物園
鬼押出し園
浅間火山博物館
嬬恋郷土資料館
嬬恋村創作実習館
軽井沢おもちゃ王国
軽井沢白樺高原教会
追分宿郷土館
堀辰雄文学記念館
メルシャン軽井沢美術館
縄文ミュージアム
道の駅草津高山植物資料館
道の駅草津ベルツ記念館
熱の湯
草津ガラス蔵
草津片岡鶴太郎美術館
草津町温泉資料館
草津熱帯園
草津ビジターセンター
浅間連峰自然観察センター
やんば館

■一般観光施設
■その他名所
■農園・牧場

(旧)軽井沢駅舎記念館

 軽井沢に到着したら、真っ先に行きたいのが、旧軽井沢駅舎記念館です。何故かと言いますと、旧軽井沢駅舎は、単なる駅舎ではないからです。皇室が良く利用なさった駅舎であり、各国の外交官や大使、日本に滞在する有名外国人たちが頻繁に利用する駅だったからです。軽井沢の文化は、鉄道とともに発展した文化であり、したがって駅には軽井沢の文化が凝縮して残されています。軽井沢の文化のかおりをてっとり早く、つかむのに旧軽井沢駅舎記念館ほど適切なものはありません。
軽井沢旧駅舎記念館  軽井沢旧駅舎記念館
 旧軽井沢駅舎記念館は、新幹線関連事業で取り壊された旧軽井沢駅舎の再築保存施設です。外観は明治末期の往時の姿を忠実に再現してあります。1階の展示室は、草軽軽便鉄道を含む信越本線当時の鉄道関連物の展示コーナーとなっており、2階の貴賓室は歴史記念室として再現され、一部の建具やカーテンボックスなどは取り壊し前に保管しておいたものを補修し再使用しています。屋外には貴重な鉄道期間車輌(4輌)も展示しています。
軽井沢旧駅舎記念館 軽井沢旧駅舎記念館 
 上の写真は、玄関と1階展示室です。小さな展示室ですが、軽井沢の歴史と文化をおおざっぱに掴むには、ほどよい広さなのかもしれません。これを見学してから軽井沢散策にでかけるのと、ここを素通りしてしまうのとでは、大きく違ってくると思います。旧軽井沢駅舎記念館で「軽井沢とは何であるのか?」というポイントを掴んで町にくり出すことをお薦めします。また、ここで7枚つづりの文化施設見学共通券を購入することをおすすめします。この共通券で、三笠ホテルなど、7つの施設を見学できて、たったの1400円です。1施設あたり200円とお得です。
軽井沢旧駅舎記念館 軽井沢旧駅舎記念館
 これは軽井沢の駅弁の紹介です。ゴルフボール駅弁・テニスラケット駅弁・釜飯駅弁などがあります。こういうところも軽井沢ならではですね。

所在地  軽井沢町大字軽井沢1178-1246
電話  0267-42-1398
開館 9時〜17時(入館は16時半まで)
休館 月曜、祝日の翌日、年末年始
入館料 大人200円 子供100円
(子供は小学生以上高校生以下)
小学生未満無料、7文化施設共通券もあり
   
軽井沢から志賀高原まで、北軽井沢を中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢スノーシュー北軽井沢物語軽井沢グルメガイドサイトマップリンク
軽井沢観光草津温泉六合村観光川原湯温泉御代田観光小諸市観光東御市観光上田観光