軽井沢周辺の名所旧跡
大笹街道

トップページ 楽しみ方 観光 食事 温泉 体験 買い物 スポーツ ハイキング
■博物館・美術家館
■一般観光施設
■その他名所
■農園・牧場

大笹街道

 大笹街道は、善光寺平から小県郡の高原を経て高崎に至る道で、越後や善光寺平から上州を経て江戸へ出る重要な脇街道となっている。
 この街道は、千曲川端の福島宿から鮎川沿いにのぼり、仁礼宿を経て標高1600mの峰の原高原を横切り鳥居峠から上州大笹宿にいたる間、峠越えの厳しい道筋だった。しかし大笹街道は北国街道の脇往還として繁栄し、北信濃の種油が大量輸送された。

 善光寺平から江戸へ出る本街道(北国街道)より、大笹街道が利用されたのは、本街道に比べ宿数が少なく里程が短いので、宿継ぎに要する経費や荷いたみに優れ経済的で早いためだった。仁礼から沓掛まで2宿14里(北国街道では10宿20里)で短いため荷駄は専ら大笹経由で運ばれた。今の国道406と国道144号線。

 北国街道福島宿〜仁礼(須坂市)〜鳥居峠〜大笹の間は「山道八里」と称し、標高1000メートルを越える菅平高原を越える険しい道で、冬季は積雪吹雪のため交通不可能になる事が多かった。また、冬の厳しい時に峠越えの道筋で犠牲になった旅人や牛馬は数多く、その供養と旅の安全を祈って、仁礼宿の外れから、仁礼峠の頂上というべき峰の原の供養塔まで、約17kmの間に60体ほどの石仏がある。



須坂市福島

 北国街道の宿場町。大笹街道の起点。鮎川段丘を上がり仁礼宿に至り、更に宇原川沿いをさかのぼり菅平高原に出て、鳥居峠を越え上野国大笹宿を経由して大戸村(群馬県吾妻町)から高崎に至る。大戸道という。



須坂市仁礼(にれ)

 荷駄の集積地として賑わった。中山道沓掛宿まで2宿14里。



鳥居峠

 1362m・上信国境。江戸時代北信濃の種油が大量輸送されたことから油(あぶら)峠とも呼ばれた。四阿山の遥拝所があり、鳥居が設けられたことからその名がつけられた。戦国時代真田氏軍用道路。巨岩奇岩が点在する。

軽井沢から志賀高原まで、北軽井沢を中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢スノーシュー北軽井沢物語軽井沢グルメガイドサイトマップリンク
軽井沢観光草津温泉六合村観光川原湯温泉御代田観光小諸市観光東御市観光上田観光