軽井沢周辺の名所旧跡
鎌原観音堂

トップページ 楽しみ方 観光 食事 温泉 体験 買い物 スポーツ ハイキング
■博物館・美術家館
■一般観光施設
■その他名所
■農園・牧場

白糸の滝
竜返しの滝
信濃自然歩道
旧軽井沢通り
離山
軽井沢野鳥の森
小浅間山
千ヶ滝
旧草津街道
照月湖
六里ケ原の道しるべ観音
桜岩地蔵堂
古瀧庵野草園
浅間牧場
天丸山
浅間大滝
二度上峠
鬼押ハイウェイ
プリンスランド
鎌原観音堂
浅間山熔岩樹型群落
三五郎滝
瀬戸滝
大笹関所跡
とっくり穴
鳴尾の熊野神社大杉
バラギ湖
石樋
的岩
万座の空吹き
たまだれの滝
村上山
桟敷山
湯ノ丸高原
雪山讃歌の碑
鹿沢ゆり園
車坂峠
池の平湿原
不動滝

鎌原観音堂

 1783年(天明3)、7月8日の午前10時ごろに始まった爆発は、北麓へ高速の土石流を流し、鎌原村をはじめ多くの集落を破壊し埋没させた。この鎌原火砕流によって、火口から13kmほどの鎌原村では93軒全部が流失したのをはじめ、挿生田村(43軒)、南牧村(24軒)、大前村(81軒)、西久保村(40軒)、羽根尾村(63軒)の流失があった。

 また、土石が吾妻川を埋めて鉄砲水となって流下し、下流域の村落にも被害が多くでて、日光例幣使街道の五料宿,柴宿辺でも人家の軒先まで泥に埋まった。被害は55ヵ村に及び、流死人1624人、流失家屋1151軒となった。

 この時の噴火による軽石は、高崎から伊勢崎、本庄方面にも及ん、軽井沢や碓氷峠では1.5メートル、本庄辺でも10センチ前後に達した。また成層圏に達して長く滞留した火山灰によって日射量が減じたために天明の冷害(天明の飢饉)の一因ともなった。

 鎌原村は、鎌原火砕流によって全て土石の下に埋まってしまい、447人の死者を出してしまったが、この観音堂に避難した93人は奇跡的に助かった。以来疫よけ観音として人々から篤く信仰されている。
観音堂は萱葺きの屋根で、なかなか歴史を感じる建物。すぐ隣にある家では、おじいさんおばあさんが4人くらいいて、何か作業をしているが、話を聞けばいろいろ教えてくれそうな感じ。15段の階段のすぐ左には、お土産屋さんが何軒かあり、観音堂のエピソードが簡単に書かれている。

鎌原観音堂でお参り

manza-o-01.JPG

ここでは、お茶と、キャベツの漬け物を御馳走になりました。

manza-o-02.JPG
軽井沢から志賀高原まで、北軽井沢を中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢スノーシュー北軽井沢物語軽井沢グルメガイドサイトマップリンク
軽井沢観光草津温泉六合村観光川原湯温泉御代田観光小諸市観光東御市観光上田観光