軽井沢周辺の名所旧跡
雪山賛歌の碑

トップページ 楽しみ方 観光 食事 温泉 体験 買い物 スポーツ ハイキング
■博物館・美術家館
■一般観光施設
■その他名所
■農園・牧場

白糸の滝
竜返しの滝
信濃自然歩道
旧軽井沢通り
離山
軽井沢野鳥の森
小浅間山
千ヶ滝
旧草津街道
照月湖
六里ケ原の道しるべ観音
桜岩地蔵堂
古瀧庵野草園
浅間牧場
天丸山
浅間大滝
二度上峠
鬼押ハイウェイ
プリンスランド
鎌原観音堂
浅間山熔岩樹型群落
三五郎滝
瀬戸滝
大笹関所跡
とっくり穴
鳴尾の熊野神社大杉
バラギ湖
石樋
的岩
万座の空吹き
たまだれの滝
村上山
桟敷山
湯ノ丸高原
雪山讃歌の碑
鹿沢ゆり園
車坂峠
池の平湿原
不動滝

雪山賛歌の碑

雪よ岩よわれらが宿り 俺たちゃ町には住めないからに
山よさよならごきげんよろしゅう また来る時には笑ってくれ

 雪よ岩よで山を愛するものに親しまれているこの歌こそ粉雪舞う角間峠付近にピッタリであり、その自然は今も昭和初期と全く変わっていない。
(同碑説明板−嬬恋村より)
 昭和2年1月、鹿沢温泉でスキー合宿をした京大山岳部は天候の悪化により宿に閉じ込められてしまった。そのときつくったのが雪山賛歌。当時部員として参加していた西堀栄三郎氏(第1回南極越冬隊長)が作詩したもの。これを記念し昭和46年に台字は西堀氏直筆により「雪山讃歌」の碑が鹿沢温泉に建立した。

 西堀栄三郎選集第2巻『未知なる山・未知なる極地』(悠々社)によれば、大正15年の冬の鹿沢で・・・・

合宿が終って新鹿沢に泊まった。吹雪で滞在をよぎなくされたある日、四手井綱彦君や渡辺漸君と共に学校の山岳部の歌をつくろうではないかと提案した。しかし、わたしを始めこの連中は、およそ文才のない奴ばかりである。別に誰にほめてもらおうというわけではないので、でたらめな文句をならべたてた。その頃ラッセルをやりながらよく歌った
「オー・マイ・ダーリン・クレメンタイン」
の曲が気に入っていたので、その曲にあうように。誰がどの文句をつくったかは忘れてしまったが、どれも合作であったようだ。薄暗い部屋で、四手井君が一句一句できるはしから書き留めていたのを思い出す。

 いとしのクレメンタインは、外人教師が三高の英語の時間に教えてくれたものらしい。雪山賛歌は、西堀氏が社会に出たあとも、三高山岳部で歌い継がれ、いつの間にか三高の校歌集に組入れられるようになった。そして誰ともなく「雪山讃歌」という題がつけられるようになった。ちなみに歌詞は、
「町には住めないからに」
でわかるとおり、京都弁まるだしである。



雪山讃歌

西堀栄三郎ほか作詞・アメリカ民謡
雪よ岩よわれらが宿り
おれたちゃ町には住めないからに
おれたちゃ町には住めないからに

シールはずしてパイプの煙
輝く尾根に春風そよぐ
輝く尾根に春風そよぐ

けむい小屋でも黄金(こがね)の御殿
早く行こうよ谷間の小屋へ
早く行こうよ谷間の小屋へ

テントの中でも月見はできる
雨が降ったらぬれればいいさ
雨が降ったらぬれればいいさ

吹雪の日にはほんとにつらい
アイゼンつけるに手がこごえるよ
アイゼンつけるに手がこごえるよ

荒れて狂うは吹雪かなだれ
おれたちゃそんなものおそれはせぬぞ
おれたちゃそんなものおそれはせぬぞ

雪の間に間にきらきら光る
明日は登ろよあの頂(いただき)に
明日は登ろよあの頂(いただき)に

朝日に輝く新雪踏んで
今日も行こうよあの山越えて
今日も行こうよあの山越えて

山よさよならごきげんよろしゅう
また来る時にも笑っておくれ
また来る時にも笑っておくれ



雪山讃歌(オリジナル)

1.吹雪のする日はほんとに辛い
  アイゼンつけるに手がこごえるよ
  雪よ岩よ我等が宿り
  俺達あ町には住めないからに

2.目の果知れない眞白の斜面
  さあッと辷ればあの雪煙り
  雪よ岩よ我等が宿り
  俺達あ町には住めないからに

3.深い谷間をラッセルすれば
  スキーの上には新雪五尺
  雪よ岩よ我等が宿り
  俺達あ町には住めないからに

4.煙い小舎でも黄金の御殿
  早く行きたい谷間の小舎へ
  雪よ岩よ我等が宿り
  俺達あ町には住めないからに

5.テントの中でも月見が出来る
  雨が降つたらぬれればいいさ
  雪よ岩よ我等が宿り
  俺達あ町には住めないからに

6.荒れて狂ふは吹雪か雪崩
  俺達あそんなもの恐れはしない
  雪よ岩よ我等が宿り
  俺達あ町には住めないからに

7.雪の間にちらちら光る
  明日登らうよあのに
  雪よ岩よ我等が宿り
  俺達あ町には住めないからに


原詩の「Oh, My Darling Clementine」

1. In a cavern, in a canyon
  excavating for a mine,
  Dwelt a miner, forty-niner
  and his doughter Clementine.
  (CHORUS)
  Oh my darling, oh my darling,
  oh my darling, Clementine.
  You are lost and gone forever,
  dreadful sorry, Clementine.

2. Light she was and like a fairy
  and her shoes were number nine.
  Herring boxes without topses,
  sandals were for Clementine.
  (CHORUS)

3. Drove she ducklings to the water
  every morning just at nine,
  Hit her foot against a splinter,
  fell into the foaming brine.
  (CHORUS)

4. Ruby lips above the water,
  blowing bubbles soft and fine,
  Alas for me! I was no swimmer,
  so I lost my Clemetine.
  (CHORUS)

5. In a churchyard near the canyon,
  where the myrtle doth entwine,
  There grow reses and other posies,
  fertilized by Clementine.
  (CHORUS)

6. Then the miner, forty-niner,
  soon began to peak and pine,
  Thought he oughter join his daughter,
  now he's with his Clementine.
  (CHORUS)

7. In my dreams she still doth haunt me,
  robbed in garments soake in brine,
  While in life I used hug her,
  now she's dead I draw the line.
  (CHORUS)

8. How I missed her, how I missed her,
  how I missed my Clementine,
  Until I kissed her little sister,
  and forgot my Clementine.
  (CHORUS)

9. Now ye Scouts all heed the warning
  to this tragic tale of mine,
  Mouth-to-mouth resuscitation
  would have saved my Clementine.
  (CHORUS)
軽井沢から志賀高原まで、北軽井沢を中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢スノーシュー北軽井沢物語軽井沢グルメガイドサイトマップリンク
軽井沢観光草津温泉六合村観光川原湯温泉御代田観光小諸市観光東御市観光上田観光