草津温泉
白旗の湯

トップページ 楽しみ方 観光 食事 温泉 体験 買い物 スポーツ ハイキング
■温泉入門
■北軽井沢
■嬬恋
■万座
■鹿沢・新鹿沢
■草津
大滝乃湯
西の河原露天風呂
テルメテルメ
草津温泉館
草津ビックバス
草津熱帯園おふろやさん
共同浴場
地蔵の湯
長寿の湯
恵の湯
つつじの湯
町営の湯
白嶺の湯
千歳の湯
瑠璃の湯
凪の湯
関の湯
煮川の湯
睦の湯
喜美の湯
こぶしの湯
巽の湯
白旗の湯
翁の湯
千代の湯
大蔵の湯

■川原湯
■軽井沢・小諸
■六合

白旗の湯

白旗の湯白旗の湯・浴槽

 湯畑のすぐそば、湯もみショーを行う熱の湯のすぐそばにある。ここはいわゆる草津の草分けともいえる源泉で、古くは源頼朝がここのお湯を汲み上げたといわれている。無料の共同浴場の中で最も大きく、1994年に建て替えて建物も比較的新しい。草津のシンボル湯畑のすぐそばにあって人気がある。

白旗の湯の由来
 源頼朝が建久四年(1193)八月三日浅間山麓で巻狩をせし時たまたま此処に涌き出ずる温泉を発見し入浴したと伝えられる。当時は「御座の湯」と称していたが明治三十年に源氏の白旗に因んで「白旗の湯」と改称された

軽井沢から志賀高原まで、北軽井沢を中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢スノーシュー北軽井沢物語軽井沢グルメガイド北軽井沢のユースホステルサイトマップリンク
軽井沢観光ガイド草津温泉六合村観光川原湯温泉御代田観光小諸市観光東御市観光上田観光