トップページ 楽しみ方 観光 食事 温泉 体験 買い物 スポーツ ハイキング
1998年の獅子座流星群ツアー1
1998年の獅子座流星群ツアー2
1998年の獅子座流星群ツアー3
1998年の獅子座流星群ツアー4
1998年の獅子座流星群ツアー5
1998年の獅子座流星群ツアー6

1998年の獅子座流星群ツアー5


「あ、流れた」
「どこどこ?(西山友昇君)」
「また流れた」
「どに流れたのよ(西山君)」
「またまた流れた」
「どこよ〜、どうして俺だけに見えないのよ!(西山君)」
「流れ星はね、心のきれいな人にしか見えないのよ」
「また、そうやって俺をいじめる!」
「わっ、今度のは大きかったね。西山君、今のは見えたでしょ?」
「見えなかった」
「やっぱり心が綺麗じゃないんだ」
「みんな、どうして俺をいじめるわけ?」

 西山友昇君は、生れてこのかた1回も流れ星を見た事がないという不思議な人で、獅子座流星雨を機会に流れ星を見ようとしたのですが、見えないと言います。こんなにビュンビュン流れているのに、見えないと言うのは、あきらかにへん。
 かと思うと、星には目もくれないで酒をチビチビやっている曽原君。彼は詩人ですが、星を眺めながら詩を書くタイプじゃなく、酒を飲みながら詩を書くタイプのようです。
 そう言えば、日本酒と肴は、Sさんの差し入れでした。もうしわけないので他の人から百円づつ集めてSさんに千円バックすることに決定。
 恐ろしいのがK君でした。昔、左翼活動家だったという彼は、何だか知らないけど一人で盛り上がっていました。歌うは踊るは絶叫するはで、浮きまくること。怒った栗原智子さんが

「静かにせんかい!」

と何度も怒鳴るのですが、静かになるのは3分だけ。ちなみにK君は、関西からわざわざ新幹線で来てます。関西の方では女の子ばかりなのに、それを振り切ってやって来た彼はえらい!

 それから恐るべきは、U君。彼は1人ぽつんと河原でノートパソコンをパチパチと打続け、パソコン通信で、全国読者諸君に実況中継を始めました。う〜ん手ごわい相手だ。
【風のひとりごと】
軽井沢から志賀高原まで、北軽井沢を中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢スノーシュー北軽井沢物語軽井沢グルメガイドサイトマップリンク
軽井沢観光草津温泉六合村観光川原湯温泉御代田観光小諸市観光東御市観光上田観光