トップページ 楽しみ方 観光 食事 温泉 体験 買い物 スポーツ ハイキング
1998年の獅子座流星群ツアー1
1998年の獅子座流星群ツアー2
1998年の獅子座流星群ツアー3
1998年の獅子座流星群ツアー4
1998年の獅子座流星群ツアー5
1998年の獅子座流星群ツアー6

1998年の獅子座流星群ツアー1

 今回は、星と月と太陽の話しから。

 星といえば『巨人の星』ですが、主人公の父親。星一徹はこわい御父さんでした。星飛雄馬が毎朝のランニングをしていた時、いつものコースが工事中で、つい近道を選んでしまった。それを知った星一徹は、
「つらい苦しい遠回りを選んでこそ、おのずと成長がある。これからの人生においても野球人生においても、ゆくてに障害のある時は常に遠回りを選べ。二度と近道を選んでみいろ。その時かぎりこの星一徹の子ではないと思えっ!」
と飛雄馬を殴りとばしました。なんとも凄い父親ですが、この父親が、いったい何回ちゃぶ台をひっくり返したか知っていますか?

  1. 十回
  2. 百回
  3. 千回

さあ、正解は何回でしょう?

 え?
 何だって?
 ブーッ。

 残念でした。
 正解は、たったの1回。

 意外だと思うかもしれませんが、1回だけなんですよね。ちなみに星飛雄馬の通算成績は、1年目が2軍。2年目が10勝2敗。3年目が12勝。4年目が5勝。通算成績は3年間で27勝3敗3セーブ。1年平均9勝で大したことはない。しかし負け数が異常に少ない。これはライバルに一発ホームランを打たれただけで、監督命令も聞かず2軍へ行くという飛雄馬の極端な性格のせいです。

 次は太陽の話。太陽と言えば刑事ドラマ『太陽にほえろ』ですが、取調べ中にカツ丼が出てきます。どうしてカツ丼なんですかね? 牛丼の立場は? ラーメンの立場は? あと張込みの刑事が食べる食事は、どうしてアンパンに牛乳なんでしょう?

 最後に月の話し。セーラームーンが世界中で大人気だそうですが、このアニメ、とんでもない勘違いをされているそうです。勘違いの原因は、彼女たちのセーラー服。日本ではセーラー服は女子高生の制服ですが、海外では軍服(海軍服)なんですね。つまり、セーラームーンたちは、海軍士官学校の生徒で、軍隊が敵と戦っているのだと思われているらしい。
【風のひとりごと】
(月刊『風のたより』15号掲載文・1998)
軽井沢から志賀高原まで、北軽井沢を中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢スノーシュー北軽井沢物語軽井沢グルメガイドサイトマップリンク
軽井沢観光草津温泉六合村観光川原湯温泉御代田観光小諸市観光東御市観光上田観光